×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

湾岸WIT > 湾岸WIT(うぃっと東京新聞21)2001/08/15号
湾岸WIT(うぃっと東京新聞21)byうぃっと東京本部  2001年8月15日発行

*本号のweb版は、紙ベースの「湾岸WIT」を基に、
基本的に同じ文章で構成されています。
時期が過ぎちゃってるものや、
「これは紙ベースのノリだべ、ネットに載せるにゃ
空気が違うべ」というところも多々あると思いますが、
まずは試し!ということもあり、お許しあれ。*

1) 表紙・創(復)刊の辞 2) ほんに、情けないよのぉ・・ 広島カープ
3) 夢幻モードのままで 4)5)6)7)子育ての旅〜宮島水中花火2000〜
8) テレビは好きではないが 9) てんちゃんのページ/港屋八兵衛がゆく
10)公演のお知らせ/友の会/他
以下次号 ・川崎と新川崎は意外に近い。 ・新神戸と三宮も近かった。
・モーモーマンは負けない ・Positive?Negative?−Alternative! /他


創刊、あるいは復刊にあたって

新しく何かをつくるってことは、ものすごくエネルギーのいることだ。
前回の本公演から既に3年近く。今までの流れで気楽に・・・というには
時期が経ちすぎた。
それだけならまだしも、過去を振り切ることもできないときた日にゃ、
もはやお手上げに近い状態だ。

時の流れは残酷で、経験というものは、時には足枷になったりもする。
17年前のように、何も知らない若者なら、
一気に壁を駆け上がることもできただろう。
8年前のように、すべての借りは叩き返せる!と信じていられたならば、
いくらでも風呂敷を広げることもできただろう。
新しく産み出すための困難も、
過去には決着なんてつけられないってことも、今の私は知っている。

それがどうした。その通りさ。

あの頃、完成していた。 それはホント。
そして今、道の半ば。 どっちもホント。

年を経るごとに未完成な、途中経過に、
しばらくおつきあいください。

2001年8月
しなやかしなちゃん


うぃっとの芝居・うたのファンの皆さん、それから「うぃっと東京
新聞」の読者の皆さん、ご無沙汰してました。こんばんは、しなや
かしなちゃんです。初めてのあなたも、こんばんは。
うぃっとは3年ぶりに、本公演を行います。
10月13・14日 東中野 エウロスにて。
タイトルは「悪い奴がモーモーマンをやっつける」
詳しい公演情報は、同封のチラシ10ページをごらんください。

詳細は見ていないのでわからないけど、変な教科書(名前も言いた
くないが)が検定を通り、都内の養護学校で採用されるという。
ふざけるな。何とか止めたい。阻止したい。
が、同時に思い直してもみた。そんな教科書をここまで通してし
まった市民の責任、というと大仰ならば、私自身の責任について。
私はこの間、劇団活動に加えて、子どもたちの育つ環境を守り、よ
くしていく運動にかかわってきた。
だが、運動にかかわってるからいないから、既存の「」
つきの運動に肯定的か否定的かいかんによらず(運動しない奴が悪
いしてる奴が悪い・オールドスタイルが悪いオールドスタイルへの
異議が悪いとか言うことでなく)、責任はあるし、反省すべき点や
課題はあると思う。
もちろん責任のあり方等は一様ではなく、かかわったなりかかわら
ないなりそのスタイルなりに異なってあると思う。またこう言った
からといって、他者にもその責任を強いようとも思わないし、個々
が考えればいいことで、でも願わくば、少しでも考え・行動してみ
てほしいとは思うけど。
付け加えるならば、「責任がある」といって、「受け入れろ」と
言ってるのでもない。「選挙で結果は出たんだ俺たちが民意だ文句
たれるな」では、今の議会や行政と一緒だ。
私なりに、責任の果たし方は考えていきたい。


ページの最初へ 2p 3p 4−7p 8p 9p 10p

感想は掲示板へどうぞ